ランチに新メニュー!

2階「英国館」のランチに新メニュー。
洋食の王様「オムライス」が登場しました。

英国館に「オムライス」?と思われるかもしれませんね。

洋食と言えば西洋料理からアレンジされた西洋風日本料理。

日本の食文化のひとつとも言えるメニューたちです。

オムライスの名称はフランス語omelette英語riceを組み合わせた和製外来語です。

オムライスの発祥は1900年頃、東京銀座の「煉瓦亭」もしくは大阪心斎橋の「北極星」と言われています。

下関に英国領事館が設置されたのが1901年ですから、同じ時代に誕生しています。

そこでこの度洋食をメニューに取り入れることにしました。

タイプの違う2種類をおすすめします。

鶏肉入りケチャップライスにふんわりオムレツがのったクラシカルなタイプの「クラシックオムライス」。

DSCF3537

ドレスを思わせる卵のドレーブが印象的な「ドレス・ド・オムライス」は、バラ肉が入ったシェフ特製のソースがポイントです。

DSCF3567

 

 

どちらもサラダ・デザート・コーヒーまたは紅茶のセットで提供しています。

 

クラシックオムライスセット 1,480円+消費税

 

ドレス・ド・オムライスセット 1,580円+消費税

 

シェフがひとつずつ丁寧に仕上げますので、ご注文頂いてから少々お時間をいただくこともございます。ご了承ください。

ƒ|ƒXƒ^[

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*